HOME > ニュース >日本の未来エネルギー観測:日本のエネルギー導入の現状と展望

日本の未来エネルギー観測:日本のエネルギー導入の現状と展望

リリース時間:2020-08-24 16:48:35

日本の未来エネルギー観測:日本のエネルギー導入の現状と展望


現在、日本国内の再生可能エネルギーの総導入量はFIT制度の開始前の3.2倍ぐらいです。

自家消費を含む自然エネルギー発電量は全体の17.4%を占めています。

近年は再生可能エネルギーの導入速度が低下していますが、2030年までに再生可能エネルギーの割合をエネルギー全体の22~24%に引き上げています。

エネルギーの安定を確保するには、長期的にエネルギーの供給量と需要量をフラットに保つことが重要です。

近年、太陽光発電と風力発電の急速な発展を背景に、火力発電所の介入による需要のバランスが保たれているのは事実です。

しかし、一方で、良い天気がある場合、現在の太陽光発電の全体出力はすでにその需要を上回っています。

そのため、将来的にはこれらの多くの需要を電力網の調整、その他のエネルギー動力に活用することが考えられます。

つまり、将来再生可能エネルギーの持続的な成長を背景に、再生可能エネルギーの需給バランスを実現するだけでなく、再生可能エネルギーの主力電源化を実現する可能性があるということです。

また、上記のすべての対策を行っても、再生可能エネルギーが残っていれば。

政府は法案や電力制限などを通じて、電力価格を安くする方針です。

将来的に再生可能エネルギーをさらに導入し、拡大するために、エネルギー産業に関連して直接的な利益チェーンにある電力会社が大きな役割を果たしています。

これらの関係者はエネルギー業界の規則を厳格に守り、政策の指導の下、再生可能エネルギーを積極的に推進しなければならない。

再生可能エネルギーの現状

環境エネルギー政策研究所が2020年2月に発表した「日本電力需給状況最新ニュース」によると、

日本2018年に自家消費を含む再生可能エネルギーの総量は前年比16.4%から17.4%伸びた。

2018年の日本全国の発電量を見ると、太陽光発電の比率は17年の5.7%から6.5%に増加しました。

変動自然エネルギー(太陽風エネルギー・風力エネルギー)の合計は6.3%から7.2%に伸びた。

またバイオマス(2.2%)も増加したが、水力(7.8%)、地熱(0.2%)などのエネルギーはほとんど変動しなかった。

化石エネルギー発電の割合は17年の81%から78%に減少しましたが、実際にはまだ高いレベルにあります。

また、原子力発電の割合は2.8%から4.7%に増加しました。

政府が策定した2030年のエネルギー構造の中で、再生可能エネルギーの割合は22%-24%であり、この目標を実現するには、現在最も必要なことはできるだけ再生可能エネルギーの規模を拡大することではない。

再生可能エネルギーは一人一人の経済的負担をできるだけ減らすべきです。