HOME > ニュース >補助金制度について

補助金制度について

リリース時間:2014-07-30 15:05:43

国から受けられる補助金は、太陽光発電システムを導入する一世帯につき1kwあたり7万円です。補助を受けられる上限は、10kw未満であり、換算すると70万円までと
なります。 一般的なご家庭では、3~4kw程度の太陽光発電システムの設置が多く、つまり21~28万円程度の補助金を国から受けることができるということです。 その他にも東京都や埼玉県などのように地域からも補助金を受けられたり、さらには市区町村単位でも補助金制度を設けているところもあります。 基本的に、国から受ける補助金と、都道府県や市区町村などの補助金との併用が可能なため、お住まいの地域によっては三つの補助金を受けて導入費用を大幅に削減することができます。 今後日本全体として太陽光発電の普及を進めるべく、補助金制度のさらなる強化などの様々なサポートが想定されます。しかし、その時々の政党の見解や国家予算の増減などにより、補助金の枠も増減する可能性が考えられます。現時点では売電制度も含め、太陽光発電システム導入者が非常に優遇される制度になっています。 導入のタイミングをしっかり見極めるためにも、見積会社から情報を得ることで、現在お住まいの地域ではどれだけの補助金枠が受けられるのかを、認識しておきましょう。